のぼり解決マニュアル

広告、宣伝用のぼりに使われる生地についてまとめています。ポリエステルの生地がほとんどですが、綿生地もあります。

広告用のぼりに使われる生地とは

のぼりは主に広告や宣伝に使うことが多いものです。

その広告や宣伝に使うのぼりの生地についてまとめています。

いくつかの生地があるのでそれぞれの特徴を知り、自分のお店に使うのぼりの生地を選びましょう。

・ポリエステル生地の種類

広告、宣伝用ののぼりで一番よく使われているのがポリエステルの生地です。

ポリエステル生地には2種類あって、テトロンポンジとテトロントロピカルとがあります。

テトロンポンジが一般的に使われているもので、薄くて軽い生地となっています。

テトロントロピカルは、テトロンポンジよりも厚めで、耐久性を重視したい場合はこちらがおすすめです。

・綿生地の種類

広告、宣伝用のぼりで使う生地には綿生地もあります。

綿生地では天竺、シャークスキンが良く使われます。

天竺は一般的な綿生地で比較的安価です。

シャークスキンは天竺よりも厚手で柔らかい綿生地です。

本染で染め上げるようなのぼりにおすすめです。

・使うお店によって選ぶ生地が違う

ポリエステルの生地はごく一般的なのぼりで使われているものなのですが、綿生地の場合は使われる場所がある程度限られます。

それは和風のお店です。

和風のお店でもポリエステルの生地ののぼりを使っているところは多いですが、お店の雰囲気も大切にしたいというような場合にはのぼりも綿生地を使って作ることがあるようです。

使う場所によって生地を使い分けるようにするとその場に合ったものができるので、宣伝効果がアップすることでしょう。

※のぼりの効果についてもっと知りたいなら>>>http://www.4profithits.com/